有限会社 村伝
〒988-0226
宮城県気仙沼市長磯後沢82-3
TEL.0226-25-9802
FAX.0226-25-9803

企業情報

法人概要

社名
有限会社 村伝
法人設立
平成15年10月15日
代表
代表取締役 村上 浩之
本店所在地
〒988-0084   宮城県気仙沼市八日町二丁目3番5号
本部所在地
〒988-0226 宮城県気仙沼市長磯後沢82-3
代表電話
0226-25-9802 (本部)
FAX
0226-25-9803
従業員数
94名 (2018年5月1日現在)
取引金融機関
気仙沼信用金庫 本店
東北銀行 南気仙沼支店
七十七銀行 本店・気仙沼支店・内脇支店
岩手銀行 気仙沼支店
協力医療機関
医療法人公孫樹会 大里胃腸科内科医院
金沢歯科医院
田中前 加藤歯科医院
さいとう矯正歯科クリニック
医療法人ならの杜 たんぽぽクリニック
ながさわ歯科医院
協力介護老人
福祉施設
社会福祉法人なかつうみ会 特別養護老人ホーム 恵風荘
社会福祉法人幸生会 介護老人福祉施設 水泉荘
 
取引先
株式会社 柏木実業
株式会社 ケアマックスコーポレーション
株式会社 日建リース
パラマウントケアサービス 株式会社
フランスベッド 株式会社
株式会社 ランダルコーポレーション
山形小木医科器械 株式会社
株式会社 ウェルファン

ごあいさつ

 当法人のホームページをご覧いただき、有難うございます。有限会社村伝の代表取締役 
村上浩之と申します。

 私は、地元宮城県気仙沼市の出身ですが、10数年間、東京でサラリーマンをしておりました。ただ、長男だったこともあり、お盆や年末年始には必ず帰省していましたので、地元のことは、常に気になっておりました。

 その後、思いがけなく色々なご縁が重なって、地元で介護事業を立ち上げることになり、家業で旅館を営んでいた場所で、平成16年9月にグループホームを開設することができました。

 これまでの仕事と全く畑違いの分野だったので、立上げに当たっては、色々な事業所を見学させていただきました。その中で感じたのは、大型の施設とは違った役割として、グループホームでは「生活を提供する場」でありたいと考えました。この考え方は、他の施設やサービスにおいても同様です。

 現在,当法人では、認知症高齢者グループホームを中心に、在宅での介護サービスとしての窓口であるケアプランセンターのほか、福祉用具のレンタルと販売、また生活機能の維持、向上を図るための機能訓練や学習療法を取り入れたデイサービスを提供しております。

 また、昨今、大きな社会問題となっている待機児童解消の一助として、仙台市認定の小規模保育園を運営しております。

 いずれのサービスでも「家庭的な雰囲気を大切にする」「常にご利用なさる方の立場に立った生活支援」という理念と、それを実現するスタッフの育成を大切にしております。

 これからも、ご利用者様は勿論、ご家族様や地域から信頼されるサービス提供に、努めて
まいります。

法人の沿革

平成15年10月
有限会社 村伝 設立
平成16年  9月
「グループホーム村伝」を気仙沼市八日町「村傳旅館」跡地に開設
同年   11月
「ライフサポート村伝(福祉用具貸与・販売)」を気仙沼市本郷に開設
平成20年  1月
「グループホーム村伝さいち」を気仙沼市長磯後沢に開設
平成21年  3月
「グループホーム村伝おもせ」を気仙沼市松崎面瀬に開設
平成22年  3月
「にじいろ保育園」を仙台市青葉区柏木に開設
同年     4月
「グループホームむらでん高森」を仙台市泉区高森に開設
平成22年11月
「ケアプランセンター村伝」を気仙沼市八日町に開設
平成23年  3月
東日本大震災により「グループホーム村伝」「グループホーム村伝さいち」被災
「グループホーム村伝おもせ」にて、ケアを継続
同年     7月
気仙沼市より「震災被災地域高齢者等友愛訪問事業(面瀬・階上地区)」受託
(上記事業は平成27年3月まで継続し、平成27年4月より生活援助員事業に移行)
同年     9月
「グループホーム村伝さいち」が気仙沼市松崎柳沢に仮設で再開
同年     11月
「グループホーム村伝」が気仙沼市八日町で復旧再開
平成25年  3月
「グループホーム村伝さいち」を気仙沼市長磯後沢にて本復旧再開とともに、
「ライフサポート村伝」「ケアプランセンター村伝」を移転
平成26年  4月
「にじいろ保育園」が仙台市小規模保育事業(A型)認定
同年       4月
気仙沼市より「生活援助員事業(松岩・面瀬・階上地区サポート事業)」受託
平成28年 4月
気仙沼市より「生活援助員事業(鹿折地区高齢者相談室)」受託
同年    11月
「デイサービス村伝」を気仙沼市南町に開設
平成29年 5月
「ケアプランセンター村伝」「松岩・面瀬・階上地区サポート事業所」が
気仙沼市松崎高谷やに移転
平成30年 2月
「グループホーム村伝さいち」を2ユニットに増設
同年       5月
「ライフサポート村伝」が気仙沼市赤岩牧沢に移転

「村伝」の由来

「村伝」としての歴史は、前身の旅館時代からは百数十年に及びます。

実は「村伝」は、正確には「村傳」と記します。(読み方は同じ”むらでん”です。)

明治時代に、もともと呉服屋を経営していた私の曽祖父・村上傳助(でんすけ)が、出入りしていた業者や役人の方々を宿泊させているうちに、宿屋のほうが本業となったそうで、
それが「村傳旅館」となりました。

その後、私の祖父で、傳助の養子だった隆蔵(りゅうぞう)が跡を継ぎ、平成7年まで旅館の営業を続けておりました。

その間、古くは歌人・石川啄木が学生時代に修学旅行で宿泊し、多くの観光客や出張の
ビジネスマンの他、大相撲の巡業や歌手のキャンペーンで御利用いただくこともありました。

平成8年に隆蔵が亡くなって以降は、しばらくの間、駐車場としておりましたが、様々な
ご縁があり、市役所の近くという中心地で、平成16年9月に「グループホーム村伝」を
開設させていただき、多くの方々のご支援のもと、今日に至っております。